HMV his master's viuce 蓄音機 SPレコード 78rpm クラシック ジャズ イージーリスニング 

蓄音機のエフペック

SP盤を電気再生する

SP盤を電気再生する

spec+ AP-50

HMV163蓄音機でSPレコードを再生すると、まるで目の前でカルーソが歌っているいるような感覚にとらわれますが、サウンドボックスの重量が140g程度あるので、鉄針を使うとどうしてもレコードを痛めてしまいます。
(おそらく100回以上かけると盤が削れてかなりひどいことになると思う。)

そこで私は、盤を試聴するときや、一人で聞くときはできるだけ電気再生で聞くことにしています。
お客様が来たときだけ蓄音機で再生して一緒に楽しみます。

数年前にネットオークションで、新品同様に近いSPEC+AP-50というターンテーブルを運よく落札できましたので、これを使っています。
ネットで検索してみると4万円以上するようですが、2万円台で落札できました。

このプレーヤーは78回転がついており、かつダイレクトドライブになっています。またオーディオテクニカのカートリッジが最初からついており、SP用のカートリッジは別売りされています。

安っぽい78回転が使える1万円台の卓上プレーヤーではトルクも弱く、オーディオとは呼べません。

このプレーヤーはDJ用に作られているようで、トルクもあり、ピッチ可変、逆回転の機能がついています。

SP盤には78回転以外のものもあるので、この可変装置は好都合です。

ストロボスコープと針先を照らすランプ、カートリッジキーパーの穴、アームリフターがついていますので非常に便利です。

音質もそこそこで、最近のフォノ入力のついていないアンプでもPhono・Lineの切り替えスイッチがついていますので、Auxに接続して使えます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

HMV his master's viuce 蓄音機 SPレコード 78rpm クラシック ジャズ イージーリスニング